JI WORLD JAPAN ロゴ
How to make practical booking cargo?
貨物のブッキングは具体的にどのように行なえば良いですか?
We prepare "Booking application form" per object vessel/voyage. Please contact with JI WORLD JAPAN or TOKYO INTERNATIONAL TERMINAL INC. YOKOHAMA BRANCH MARINE DEPARTMENT who is acting as documentation center covering all Japan ports, and obtain the form.
対象本船用のブッキング申込フォームを用意していますので、JI WORLD JAPAN社 もしくは、Document Center である東京国際埠頭㈱横浜支店にコンタクトしてそれを入手して下さい。
How to make S/O application?
S/O差入れは、どのようになりますか?
Please request your custom broker to contact with the document center (TOKYO INTERNATIONAL TERMINAL INC. YOKOHAMA BRANCH MARINE DEPARTMENT) to obtain S/O from, input data and apply to the center. *Please refer to "S/O GUIDE" page of this web-site.
お客様が通関をお任せになっている乙仲さんから Document Center である東京国際埠頭㈱横浜支店にコンタクトして、S/Oフォームを入手し、必要事項をインプットして差入れてもらうようにしてください。* 当ウエブサイトのS/Oガイドのページもご参照ください。
Is it possible to load immobile vehicle?
不動車両は積載可能ですか?
Not possible regrettably due to consequencial inconveniences in Africa side.
それによってもたらされるアフリカ側における不都合により、残念ながら不可です。
Is so-called INNER CARGO acceptable?
いわゆるインナーカーゴは受付けられますか?
Basically not acceptable due to strong instruction of the authorities in Africa side. However, we specially accept one item of vehicle related commodity such as 2nd piece onward spare tire(s) or a roof carrier having been dismounted and put inside car subject to appropriate description on original B/L in addtion to remark waiving lost claim against carrier.
アフリカ側当局の強い指導により、基本的にはお引き受けできません。ただし、車両に関係あるもの(例えば、2本目以降のスペアタイヤや取外して車内に入れたルーフキャリア等)1項目に限り、紛失御免の注釈と共にB/L Body欄に記載する場合は、受け付けます。
Can construction machinery cargoes be booked & loaded?
建設機械貨物は積載可能ですか?
We welcome machinery & equipment cargoes as well. Please contact with JI WORLD JAPAN for prior consultation with cargo information. Ocean freight rate will be presented after checking cargo specification / adaptability to object vessel (SWL/etc).
建設機械貨物も歓迎です。貨物明細・対象本船への適合性(重量制限等)を照らし合わせた上で海上運賃を提示できるよう、前もってJI WORLD JAPAN社に相談して下さい。
B/L訂正はどのようにしますか?
コンサイニー様名の変更やスペルミスなどによるB/Lの訂正は有料で承っております。
B/Lを再印刷しますのでB/L印刷元の東京国際埠頭㈱もしくは伊勢湾海運㈱へご連絡お願い致します。
既に荷揚地へB/Lを発送している場合でも対応は可能でございますので、まずはお問い合わせ下さいませ。尚L/Gにつきましては弊社指定の決まった形式はございません。
いつまでに訂正すれば良いですか?
本船が荷揚地に到着するおよそ1週間前までに訂正をお済ませくださいませ。
M/F税関提出後(荷揚地へ入港する直前、及び到着後)の訂正には訂正料の他に現地での税関ペナルティーが課せられます。
セパレート・コンバインは可能ですか?
B/Lのセパレート(スプリット)・コンバインに関しましては対応可能です。(積み地が同じである場合に限ります)
セパレート・コンバインにつきましてはコンサイニー名義変更などと異なり日本出港から1週間以内にお済ませ下さいませ。特に荷揚地にてM/Fを税関に提出(現地入港およそ1週間前)した後は、一切不可能となりますのでご注意下さい。
どの範囲でB/L訂正が可能ですか?
コンサイニー様名の変更は基本的に可能です。
シャーシ番号につきましては、弊社がミスタイプだと判断出来る場合に限り、抹消と同じ番号への訂正を受けております。
また、いかなる理由でもシッパー名・荷印・ウエイト・M3の変更は受け付けておりません。
MAPUTO向け貨物はB/Lサレンダーできないのですか?
MOZAMBIQUE (MAPUTO港)向けの貨物のみ、現地の事情によりB/Lサレンダーをお受けできません。